JUNのプロフィール

 

こんにちは、JUNです!

 

まずは、このブログを読んでくれてありがとうございます。

読んでいるあなたは恐らくあなたは副業に興味がある人ですね。

 

そして残念ながら僕はネットビジネスで生活していますが、

使い切れないほどのお金を抱えて悠々自適な生活を楽しんでいるような人間ではありません。

 

そんな月収数百万円クラスの人から学びたい人にとって

ひょっとしたら僕のブログは退屈と感じるかもしれません。

 

というわけで、権威性を求めているのであればブラウザを閉じるか

「戻る」ボタンをタップすることがオススメ。

 

それでも読んでくれるという人には僕がネットビジネスを始めた経緯と

今なおネットビジネスに取り組む理由を少しだけお話します。

 

しばしお付き合いください。

なぜJUNはネットビジネスを始めたのか?

 

2017年春、僕が大学の4回生に上がった時期、

就職活動も本格化し、IT企業の面接をはしごしていた僕はネットビジネスに出会いました。

 

きっかけはあったんです。

 

10代の頃から僕は生きる目的について度々考えることが多かった。

 

なぜ僕達は生まれたのか?

なぜ僕達は働かなければならないのか?

僕達の人生のゴールとはどこにあるのか?

どうすれば僕達は最高に満たされるのか?

 

恐らくあなたもこのどれかは考えたことがあると思います。

 

世の中のことがよく分かっていなかった僕は答えを出せず大学生になり、

就職活動を迎えてせわしなく動くことになります。

 

それでも常に人生に対する疑問が心の中で燻り続けていた。

 

 

本当に就職しかないのか?

就職すれば40年を会社に縛られる。

 

定年を迎えても安泰でないのは世の中の状況が証明している。

それなのに就職して、会社と金に振り回されて一生を終えるのか?

 

 

それが人生の目的なら人生に本当に意味があるのか?

 

貧乏人から金持ちにのし上がり、社会的にも認められるようになった人間たちは

一体何が違ったのか?

 

才能か?

 

成功とは一握りの人間の特権でしかないのか?

 

そんなとき、フェイスブックで流れてきた広告が目に止まったのです。

 

「会社に頼らない自由な生き方」

 

怪しいものはネットで検索できる程度の頭は持っていたので、

即ネットで検索をかけました。

 

すると「詐欺」「怪しい」などのオンパレードで「詐欺だったのか」と

自分の中で結論づけたのですが・・・・・

 

でも、サイトを見ると何やらオススメしているコンテンツもあるようで。

 

興味半分で覗いてみると副業でやるネットビジネスの

取り組み方について解説した記事だったんです。

 

最初は嘘だと思いました。

 

ネット上にはひたすら色んな人を叩きまくってるようなブログが沢山あるし、

詐欺師が詐欺師を叩いて騙し合いでお金を稼いでいるのではないかと思ったくらいです。

 

しかし、「タダならいいか」と思った僕はメールマガジンに登録、

就職活動の傍ら電車の中でメルマガをチェックする日々が続きました。

すると、いくつかの事実が明らかになりました。

 

ネットビジネスとはつまり、集客をネットに頼るビジネスであるということ。

 

テクノロジーを駆使することで、

個人が万人を集めることができる

極めて効率的な仕組みを持ったビジネスだと僕の中で腑に落ちた。

 

人を集めて、モノを売る。

 

提供する人がいて、提供される人がいる。

 

作用する側と作用される側がいるからビジネスが成り立つ。

 

このことを理解した瞬間、ネットビジネスに対する僕の疑いは消え去り、

 

ネットで超効率化したリアルビジネス=ネットビジネス

 

だと僕の中で固まったのです。

せどり・転売を開始。一ヶ月で4万円が12万円になる

 

僕はネットビジネスを開始することを決意しました。

 

それに就職活動で削られていく心に、

刺激が欲しかった。

 

なにより挑戦して、実際にやってみなければ本当の意味で

ネットビジネスを理解できないと思ったから。

 

アフィリエイト、転売、コンテンツ販売、投資、20では足りない数の

案件に目を通して来たが、自分の現状を鑑みて最初のビジネスには転売がいいと確信しました。

 

なぜあえて転売を選んだのか?

 

理由は2つあります。

 

一つは安く買って高く売るというビジネスの最もシンプルな稼ぎ方が

初心者である自分にはあっていると思ったからです。

 

シンプルである=失敗の要素が少ない

 

 

これを言い換えれば、がむしゃらな努力だけでもある程度なんとかなるということ。

だからこそモチベーションの維持のためにはせどり・転売が最適だったのです。

 

2つ目の理由は転売が理論的にも飽和がありえない分野で、

また、稼げる理由がわかりやすかったからでした。

 

ネット上には転売が飽和したといっている人もいる。

 

しかし、転売の性質上、飽和は99.9%ありえない。

「飽和は絶対ありえない」と言い換えてもいい。

 

恐らくビジネスの中で「絶対」がつく数少ない事例でしょう。

 

 

その根拠は至ってシンプルで、世の中は常に新しい製品で溢れているからだ。

100や1000では足りないメーカーが日々しのぎを削って新しい商品を開発している。

 

 

Amazonのセールを見たことがある人なら共感してもらえるとおもいますが、

 

Amazonでは無名であっても売れている商品がごまんとあります。

 

しかも、それが日々増え続けているとするとどうでしょうか?

 

新商品が出れば旧商品は生産がされなくなっていき、

店は在庫を入れ替え、旧商品を叩き売り、新商品を入荷させます。

 

しかし、旧商品を使い続けたいという人間は一定数いるのです。

 

このギャップが日々開発されるすべての商品で起こる。

 

そんな状況で「飽和した」というのはいささか無理があります。

 

ここで経済学の講義をする気はありませんが、

需要と供給の原則に照らし合わせれば

価格差が出る商品が日々生み出されていくのは自明の理。

 

ネット上の意見は努力しなかった人間の言い訳や恨みつらみ、

もしくは誘導のための煽り文句でしかないことがお分かり頂けるかと思います。

 

話を戻しますが、転売に取り組んだ結果、僕は仕入れに使った4万円を

一ヶ月で12万円にすることに成功しました。

 

体の震えが止まらなかった。

 

胸が高鳴り、久方ぶりに感じた興奮で夜も眠れなかった。

 

一ヶ月で3倍。

 

二ヶ月やれば9倍。

 

三ヶ月やれば27倍

 

あくまでもこれは理論上の数値ですが、

稼げる確信ができてからはがむしゃらに努力しました。

 

疑問を持っていた就職活動は全て放棄、

自分の時間の全てをビジネスにつぎ込んだんです。

 

それから紆余曲折はありましたが、現在は新卒のカードを投げ捨て、

ネットビジネス一本で生活しています。

 

世間的に見れば底辺です。

 

新卒カードを捨てるなんて馬鹿の極みと思う人もいる。

 

 

しかし僕にとっては新卒カードなど

トイレットペーパー並みの価値しかなかった。

 

いや、使えば人生を会社に縛り付けられうという時点で

トイレットペーパーにも劣る。

 

 

新卒カードがあったところで僕の人生は何も変わらないし、

 

嫌なことを我慢して何十年と生きるのには人生は短すぎる。

 

だから躊躇なく捨てました。

 

僕の望むものは新卒カードで手に入るものの中にはなかったから。

 

今の僕に社会的な信用はないでしょう。

 

事実、親に心配をかけ、親族は僕を軽蔑している。

 

正月には散々叱られた。

 

 

でも、今の僕は幸せです。

苦しい時、悩むときも多いですが、それ以上に実りも多い。

 

何より、就職活動をしてきたときと比べて、

本当に自分の人生を選んで生きているという実感があるんです。

 

ビジネスはJUNを自由にしてくれた

ビジネスを通して最も変わったこと、

 

それは自由になれたことです。

 

金銭的な自由は何百万も稼いでいる人に比べればありませんが、

精神的な自由は手に入りました。

 

それは、自分で選んだ生き方で、自分を生かしているから。

 

好きな人と付き合い、好きなことをして、

自分の望むように生きる環境、

 

ビジネスを通して得たものの中では

自由が最も大きな収穫でしょうね。

 

依存しない生き方が人に与える影響は計り知れない。

 

そんな僕は今はサラリーマンの一つの到達点である、

月収100万をビジネスで目指して日々努力しています。

 

これを達成したとき、

きっと家族にも自分の正しさを証明できると思っています。

今後も僕の奮闘をこのブログを通じてお届けしていくつもりです。

 

僕の話に少しでも共感していただけたのなら

メルマガ登録をオススメします。

 

メルマガ登録はこちら

 

どうしても多人数の目に触れるブログでは書けないようなことも

メルマガなら遠慮なく書けるからです。

興味があれば見てみてください^^

励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください