高級ホテルに無料で宿泊しました。せどり実践者の行き着く先とは?香港にバイヤーとして行った体験談

副業ネットせどらーのJUNです^^

先週香港に行ってきました。

香港です。ヤバいですよね。日本のニュースを聞いたら少年が撃たれただの催涙弾が発射されただの。

現地のニュースを聞いていても「カップルが歩いていたら彼氏が警官に殴られた」とか「3人でダベってたらデモは禁止だと警官に脅された」みたいな話も聞いていたわけです。

紛争地域もかくや。

そんな場所になんで行ったのかというと、ビジネス半分、旅行半分でバイヤー業をするためです。

今日はちょっと旅行記も含めて書いていきたいと思います。

行ったら実はわりと平和だった香港。高級ホテルに無料で宿泊

はい、最初にフィリピンのマニラ空港につきました。

あれ?香港じゃないの?

いえ、香港なんですが台風の影響でもともと予定していたフライトがキャンセルになって急いで取ったんです(笑)

高騰の仕方がおかしかったですね。格安航空でも20万円超えの席でしたし、ビジネスクラスに至っては余裕で30万超えていました。

正直アメリカとか行くならまだしも、たかだか5時間程度のフライトにそれだけかけるのはバカバカしかったので、英語サポートしか無いちょっと怪しい斡旋業者から6万円で往復チケット取りました。

ケチくさいなと思うかもしれませんが、ここで30万ポーンと出す奴はまず成金だと思ってます。本物の金持ちは1億円稼いでようがお金の価値を重んじます。

JUN

マニラでは警備員の方や香港の現地の方(Ericくん)と知り合いになって、乗り換え時間の間メチャメチャお喋りしました(笑)

ちなみに時間は深夜の3時。深夜テンションですね。

この間もメチャメチャ笑い話があるんですが、それはまたの機会に。

現地の空港についたらぶっちゃけ平和そのものでした。紛争地域かと身構えていた僕の不安はどこかに行ってしまいましたね。二階建てバスに乗って湾仔周辺まで。

港には大量のコンテナがありました。流石香港、経済の中心地を感じさせますね。

宿泊したのはこちらのホテルです。香港のホテルは1階の下に「G」というフロアがあり、そこが受付になっています。

僕の部屋は地上20階(日本基準だと21階)にありました。

ベッドめちゃでかいです。寝心地も最高でした。個人的にシモンズベッドよりも好きかも・・・

さすがにバスタブはありませんでしたが立派なシャワールーム。

アールグレイなどの紅茶もサービスでした。

テレビもでかい。

ちなみにこのホテル、僕は無料で3泊しました。

バイヤーの特権です。普通はこうはならないのでご注意を。

旅行半分ですが、半分はビジネスなのでこの後展示会に足を運んで売れる商品を探しに行きました。

展示会行って中国の印象変わった

電車を使って湾仔にある会場まで。入り口にはほとんど微動だにしない美人コンパニオンさんがいました。

商品に関しては仕入れたりもするので写真を載せられませんが、この展示会で僕の中国に対する印象がちょっと変わりましたね。

僕は中国といえばコピー品とか、中国輸入の安かろう悪かろう商品とか、爆発するとか、そういう印象が強かったんですよ。

もちろん展示会にそういう商品はけっこうありました(笑)

でも、本当に真摯に技術開発している会社もありましたし、徐々に日本に追いついてきていると思いましたし、一部では日本超えてるんじゃないかという商品もありましたね。

技術面でもアイディア面でも。

今後数年で中国はすごく伸びてくると感じました。

既存の中国輸入ビジネスはあと数年もすれば「メチャメチャ安くかって日本で売ったろ」みたいなビジネスはできなくなるでしょうね。

よくよく考えれば日本だって昔は安かろう悪かろうだったわけですし、昔の日本がやったことを今の中国がやってるだけだと思います。

飯もうまいが全体的に高め。火鍋から本当に火が出る

なんといっても海外旅行の醍醐味は現地の飯です(異論は認めない)

最初に食べたのは広東料理。

青菜の炒め。ホタテのダシが効いてました。

なんかめっちゃカリカリしてる豚バラ肉。ゴマダレにつけて食べたのですがとても美味しかったです。

多分この日の料理で一番美味しかった。お肉が柔らかい柔らかい・・・・

 

これ、うまかったんですけど何なのかわからなかったです(笑)

香港のチャーハンです。お米だけですが、ダシがすごい効いています。

そして次の日の晩御飯がこちら

火鍋です。本当に火が出ます。花山椒がたっぷりと辛いスープや魚のあら、ロブスターのスープなどがありこれに日本のしゃぶしゃぶ感覚で食べられます。

肉のカーテン。この肉がうまいんですよね。メニュー見てたら宮崎牛A5って日本語で書いてある肉があって日本の牛のブランド力を実感したり。

ただ、お会計は高めでした。

お腹の満足度のわりに。体感で日本の物価の1.3~5倍くらいします。

まぁ、旅行に来てお金ケチるなんて、得難い経験をドブに捨てているようでもったいないんで遠慮なく食べました(笑)

最終日はちょっと気になっていたホテルのバイキングで食べました。

今まで食べたところと比べるとやや普通かな?という感じでしたね。

でも、今まで食べなかった広東料理がいっぱいあって面白くはありました(いくつか口に合わないものもあった・・・)

デザートコーナーではハーゲンダッツが食べ放題。

遠慮なく3杯ほど頂きました^^

欲を言えばザ・中国の商店街みたいなところもあったので、そっちの方にも行ってみたかったですね~

来年も行くと思うのでまたの機会に。

せどり実践者の行き着く先。単純な転売からの脱却

さて、このサイトでも「せどり、転売」を初心者のビジネスとして推しています。

理由は、すぐに成果が出る、特別な知識はなにもいらない、やれば稼げる=挫折しにくいから。

初心者にとってはこれ以上ない最高の入門ビジネスです。

ですが、もし今後10年、20年、30年と自由な生活をしていくのであれば、脱せどりして行く必要があると思うんですよね。

それが情報発信者なのか、

僕のような輸入商社ビジネスも一緒にやっていくのか、

組織化して大規模なせどりを行うか、

あるいはせどりで稼いだ資金を使ってまったく別のビジネスを立てていくのか、

いろいろ道はあります。

いろいろあるのですが、やりたいことを自由にできる生活への最初のステップがせどりだと思うんですよね。

せどりは肉体労働です。美化するつもりはありませんし、商材を売りたいがために隠したりすることもしません。

だから、それをいかに超えて理想の生活に近づいていくかが、今後ビジネスを検討していく上で大切になります。

2019年 香港旅行記 まとめ

これが僕の思い描いた理想の生活の一部です。

今回もとてもたくさんの気付きがありましたし、中国を見直しました。

こんなことがしょっちゅうあるのでいつもワクワクしていますし、生活がエネルギーにあふれています。

とにかく「お金だ!お金だ!」言われる副業ネットビジネス業界ですが、ビジネスで得られる満足感ってお金以上にこのワクワクする感情。

動き出したくてたまらないこの衝動と充実感です。

月収1000万あってもワクワクしなければやがて虚しくなっていきますし、逆に月収50万程度でもワクワクしていればいつも満足度の高い生活ができます。

誰かの幸せに貢献することこそ、ビジネスを行う上での至上の喜びだったりします。

こういうこと言ってもあまりウケ良くないので普段は言わないんですが(笑)

余談ですが、日本で受動的に受け取る情報がいかにステレオタイプで一部しか見ていないものなのかを思い知りましたね。

結局ビジネスもそうですが、飛び込んで生の情報を経験してなんぼです。

ネット情報だけを調べて知識だけ太っていっても、実践している人の1%以下の情報しか手に入りません。

とにかく実践、やってほしいですね。

あ、あと香港旅行、注意すべきところに注意していれば普通に楽しめます。

デモの影響で飛行機代メチャメチャ安いんでオススメです(笑)

追伸:

はじめまして、管理人のJUNです。

インターネットを使ったビジネスの経験を通して、「人生の選択肢を増やして幸せになる」お手伝いをするべくサイトを運営しています!

→ 管理人のプロフィールはこちら

メルマガもやっているので興味があれば登録してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください