【失敗談】せどりで古物商許可は必須?行政書士に依頼して涙で枕を濡らした体験談

副業ネットせどらーのJUNです^^

今回はせどらーの疑問点、せどりで古物商許可の取得は必要かどうかについて見ていきます。

様々なサイトで「古物商は絶対とれ!」って言われていますし、この話題は決着しているといっていいんですが、実のところ行政書士への依頼を仲介して報酬をもらいたいだけのサイトが多かったりします。

なにを隠そう僕もこれに騙された(まぁ自己責任ですが)人間で、行政書士に依頼したことを死ぬほど後悔しています。

というわけで、このサイトには行政書士への依頼リンクは貼りません。

自分がいいと思っていないものを金のために紹介するのはなんか違うと思うので。

結論から言ってしまえば「取得は必要だけど、取得方法は考えよう」というのが僕の持論ではあるのですが、もう少し詳しくお話しますね。

そもそも古物商ってなんぞや?なんで必要なの?

古物商はいわゆる中古品を扱うための許可証で公安委員会で許可が必要になってきます。そのため、窓口は市役所ではなく警察署になります。

お住いの地域の警察署で申請する形になりますね。申請には2万円くらいかかります。

ちなみに、許可に必要な書類は特別なものは基本的にありません。記入が必要なものは警察署のサイトでダウンロードできますし、必要書類の多くは市役所で用意してもらえます。

なんで古物商が必要なのか?

古物商が公安委員会の管理になっている理由は、盗品が古物として売買されることが多いから。

警察が古物の流れを把握できるようにするためです。

確かに盗品が売却されて現金になってしまうと、そこで足取りが止まって記録に残りませんからね。

この辺りは納得してもらえると思います。

古物商が必要になるものってなに?古本や古着だけでなく未使用品や新古品も!

古物が必要になるものは一度一般消費者の手に渡った商品です。

ちなみに未使用品であっても一度一般消費者の手に渡ると古物扱いになります。

そういうことなので、ほとんどのせどり、転売の商品は古物に該当します。

せどり転売の商品について
せどりでは一般の店舗のほか、ヤフオクなどから仕入れるケースもあります。店舗が独自に仕入れたものを業者であるせどらーが買い取るのは古物に該当しませんが、例えばブッ◯オフなどの店舗が一般消費者から買い取った新品を仕入れるとなると古物に該当することになります。たいていその手の店舗は新品と未使用品を明確に分けています

未使用品を新品として売ることで利益を上げるせどり手法を紹介しているような人もいるので、この辺りは注意が必要ですね。

実は古物商の取得を回避してせどり転売をする方法がないわけではない

始めに言いたいのですが僕はこの方法を決して推奨しているわけではありませんし、これやってトラブルが起こったからと言って責任も持ちません。

ただ、情報は情報としてしっかり伝えておく必要があると感じるので書きますね。

実は古物商を取得していなくても古物を売買できる状況があります。

それが自分が使っていたものの不用品の売買。

メルカリやヤフオクなどに代表されるように、最近は消費者同士の物のやり取りが多くなっています。

それはたとえ販路がAmazonであったとしてもそれが不用品であることには変わりません。

なので、僕も使わなくなった家電とか聞かなくなったCDとかよくAmazonに出しています。メルカリより高く売れますし手間いらずなので(笑)

で、これをうまいこと使うと、仕入れた商品であっても「あくまで私用で購入して使わなかったから出品」という形を取ることができます。

ちなみに僕の知り合いに月に800万円くらい売り上げながらも古物商を取得していない中古家電せどらーがいます。

僕も知ったときは驚いたんですけどね。

「私がネット上のそこらのブログの情報に踊らされると思いますか?」と聞いたときには「はーん」ってなりました(笑)。

彼の場合は例外でもともと税務関係で働いていたので、法の穴をかいくぐる手法に長けているというのはありますけどね。

古物商を持たずに1000万近い売上を上げているのってヒザに爆弾抱えながらビジネスするのと同じだと思いますし。

その手のノウハウがない人は売上が大きくなってきた段階で素直に古物商とったほうがいいとは思います。

せどりをやるなら古物商はすぐにとったほうがいいの?

もし取れるならとったほうがいいです。扱える商品の選択の幅が広がりますし、Amazonも古物商未取得業者に対して目をつけ始めている気配があります。

特にブランド物とか扱いたいならとったほうがいいですね。ニセモノや盗品が流通しやすい商品は古物商をとってからの方が安心して扱えます。

ですが、ぶっちゃけ月の売上が50万円もない人に古物商が必要かと言われるとなんともです。

あったほうがいいんですよ?それは間違いありません。

ですが、知人が警察関係者に伺ったところ、そもそも売上の低い人に対していちいち目くじら立てていられるほど警察も暇ではないそうです。

大人の事情ですね。

まぁ、これにあぐらをかくのは良くないとは思いますが、少なくとも今副業を検討している人がすぐに取得しなければいけないかは微妙なところにはなります。

古物商の書類を行政書士に依頼して涙で枕を濡らした体験談

それではいよいよ僕が一番書きたかった本題です。

重ねていいますが行政書士への依頼リンクは貼りません。100%僕の本音で書きます。

ネット上の情報に踊らされて6万円払いました。

これは僕の実体験です。

実は僕は既に法人化しているのですが、法人化してから信用面でもキチンと古物商を所得して堂々と中古品を大きく扱えるようにしていきたいと思うようになりました。

そこで、古物商の取得についていろいろ調べていると出てきたんです。

  • 古物商は難しい
  • 自分で古物商を申請すると20時間以上かかる
  • 警察に直されて何度も警察署に行って大変だった
  • せどりは古物商がないと犯罪
  • 古物商なしの中古品販売では逮捕者も
  • 自分でやるより行政書士に依頼しよう

僕もこの辺りについては無知だったので素直に行政書士に依頼したんです。

法人価格で6万円近く支払いました。痛い出費でしたがそれで確実に取れるなら・・・と支払って依頼しました。

補足
6万円は行政書士に依頼する金額としては妥当です。

調べているうちに2万円で受けてくれるところもあって連絡したんですが、メールに返信がありませんでした。

スムーズな取引のためにはある程度お金を出したほうがいいですね。

まさかの書類が届くまで一ヶ月かかりました。

中古品をはやく扱いたかったので、とにかく行動して行政書士と必要な情報のやり取りをその日のうちに行いました。

そして「すぐに取り掛かります。書類を作成するまでしばらくお待ち下さい」との連絡を受けて待ちました。

2週間待ちました。

そしてようやく書類が届いたと思って開いてみると、なんと印鑑を押してくれと。加えて、履歴書や営業所の見取り図を書いてくれと。

その他、もろもろ記入しなければいけない部分も多かったのを覚えています。

既に6万円払っており、もうやるしか無いという気持ちになっていたのでペタペタ印鑑を押して、絵心のない仲見取り図を描いて行政書士に返送。

でも思ったんですよ。

「ぶっちゃけ向こうがやってることって書類集めてるだけじゃね?」

ふつふつと「これ依頼する意味なかったんじゃ・・・」と僕の中に疑念が湧いてきました。

そして更に待つこと2週間。

ようやく行政書士に依頼した書類が届きました。

「ちゃんと届いたんだから良しかな」

そんなことを考えていた僕の頭は思いっきり殴られることになります。

「古物商とるのなんて簡単ですよ」

知人とビジネスの話をしているときに「そう言えば古物商いま申請しようとして行政書士に依頼してるんですよ~」というとその知人から衝撃的な一言をもらいました。

「え、行政書士に頼んじゃったの?もったいないなぁ・・」

その知人は物販とはまったく関係のないコーチングで稼いでいる人だったんですが、まさかの古物商許可を持っている人だったんです。

彼いわく、「全部一日で終わったよ」とのこと。それなりに優秀な人なので手続きがはやく進められたんでしょうが、それを聞いたときは6万円も払ったことを死ぬほど後悔しました。

40万円ドブに捨てました

最初に依頼して完成書類が届くまで一ヶ月経っていました。

ちなみに、古物商は申請から許可が降りるまで約一ヶ月かかります。

僕は悔しくて泣きました。

ネットの情報に踊らされた結果、外部に書類作成を依頼して、中古品の扱いを取りやめ、最終的に一ヶ月の販売機会を失ったからです。

中古品を扱えば一ヶ月あれば余裕で30、40万円は稼げます。

ネット上に信頼できる情報は少ない、それは今までのビジネス経験でわかっていたはずだったのに脳死で誘導されて稼げたはずの金をドブに捨てたのです。

古物商は自分で取れる!行政書士は最終手段

僕が言いたいのは古物商は自分で取れる!ということです。

もっとも、普段が忙しすぎて市役所にもいけない人や、書類仕事が苦手すぎてまったく手につかない人、あるいは警察所で不備を指摘されるのが死ぬほど頭にきている人は行政書士に依頼してもいいと思います。

時間はかかるし、お金や販売機会を失うことは避けられませんが、準備をやってくれるというのはなんだかんだ楽ではありました。

僕は手軽さにそれほど重きをおいていないので涙しましたが、手間をかけたくないという人にはいいかもしれません。

あ、取得のコツとかは一応あるのでそちらは別記事にでもしようかと思います。知りたい人はお問い合わせいただければ教えます。

せどりについての記事はこちらも参考にしてみてください。

追伸:

はじめまして、管理人のJUNです。

インターネットを使ったビジネスの経験を通して、「人生の選択肢を増やして幸せになる」お手伝いをするべくサイトを運営しています!

→ 管理人のプロフィールはこちら

メルマガもやっているので興味があれば登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください