電脳せどりとは? 稼げる理由を実践しながら解説します。

副業ネットせどらーのJUNです^^

副業を探していると必ずと言っていいほど聞く「せどり・転売」という稼ぎ方。

その中でも電脳せどり(ネットせどり)はとくに稼ぎやすいです。

しかし、数え切れないほどせどり・転売ブログをすすめているブログはあるものの、、、

稼げる稼げるっていわれてるけど、なんで稼げるのかいまいちピンとこない

それは、単にせどりがなんなのか解説するだけで利益が上がる理由が不透明になっているから。

価格差があるから稼げる、なんていわれても腑に落ちないと思うんですよね。

というわけで、この記事ではせどりがなぜ稼げるのか、実践的なノウハウ部分にも触れながらお話していきますね!

そもそも電脳せどり(ネットせどり)ってなに?

電脳せどり(ネットせどり)ってなに?

一般的なせどり・転売というのは一般店舗から仕入れて、ヤフオクやメルカリなどのショップでより高く売ることを指します。

そのため、必要があれば県外に出て仕入れたり、遠征したりする必要があり、ガソリン代もかかったり、なかなか体力的に大変な仕事です。

ですが、電脳せどりは全てインターネットで仕入れてインターネットで売る、完全在宅スタイルを取ります。

普通のせどりに比べてグッと手間が減るので実践するメリットは非常に大きいのが特徴です。

そういうことだったのか!電脳せどり(ネットせどり)で利益が出る理由を実践しながら解説!

ザックリとした概要は分かりましたか?

ここからはなぜ利益が出るのか、僕が実践しているAmazonせどりを中心にお話していきますね!

電脳せどり(ネットせどり)ではまず商品を探します

商品を探すのはろうとのイメージで、広いキーワードから狭く徐々にしぼっていきます。

今回は「富士通 スキャナー」で探してみることにしましょう。

すると、Amazonで扱われている富士通のスキャナーが一覧となって出てきますね。

 

この中で、こちらの商品に注目してみましょう(この時点では利益が出るかどうかは分かりません)

このなかの「富士通 ScanSnap iX500」を見てみましょう。

どうやら新しいモデルが出て生産がとまったか、少なくなったようです。新しいモデルよりも高値になっています。

せどり・転売の中ではこうした商品はとくに狙い目で、利益が出やすいのが特徴です。

続けて、この商品がちゃんと売れているのかどうか見ていきます。

高い商品でも売れないことには利益になりませんからね。

商品が売れているかどうか調べるには「モノレート」というサイトを使います。

こちらからアクセスできます。

モノレートはこちら

実際に、商品ページにアクセスした結果がこちらです。

一ヶ月に60個以上売れていますね!

かなり売れている商品と見て間違いありません。

※僕はモノゾンというGoogleChoromeの拡張機能を入れているので合計販売数の数字が出ています

売れそうな商品が見つかりました!

それでは次に、仕入れられる商品があるかどうか見ていきましょう。

仕入先は主にヤフオクやメルカリなどのサイト

仕入先はヤフオクやメルカリ、新品商品であればYahooショッピングや楽天なども入ってきます。

今回はヤフオクで探すことにしましょう!

ヤフオクで「富士通 ScanSnap iX500」と検索します。

その中で、このような商品ページが見つかりました。

同一の商品のようですね。

値段を見てみましょう。

中古品ですが、現在価格は6000円未満です。

さっき見たAmazonページで中古品は25000円で売られていたので価格差19000円。

かなり美味しい商品ですね^^

手数料を計算して本当の利益を調べよう!

僕はウソやごまかしは嫌いなので、正直に言います。

ここからAmazonに出品する場合、手数料がかかります。

手数料を払ったとしても利益が出るかどうか調べてみましょう。

手数料を調べるにはFBA料金シミュレーターを使います。

FBA料金シミュレーターはこちら

FBA料金シミュレーターで富士通ScanSnap iX500を検索し、6000円の原価で25000円で販売すると、

合計16533円の利益が見込めます。

もちろん、このデータは無事に商品をこの価格で仕入れられた場合です。

加えて、大きさにもよりますがAmazonに納品するための送料が1000円前後かかりますので、この数字マイナス1000円と考えてください。

注意
同梱する商品数によってマイナス額は変わります。同じ商品を2個一つのダンボールに入れて送った場合、マイナス500円、といった考え方ですね

だいたいせどりでは利益率は20~30%に落ち着くので、実際はそのくらいの利益率だと考えてみていいでしょう。

それでも7000円以上利益が出ますけどね。

電脳せどり(ネットせどり)自動化はできるの?

店舗せどりは店舗に足を運んで商品を買わなければいけないため、外注化が非常に難しいです。

一方で、電脳せどり(ネットせどり)はこれまであなたが見てきたようにインターネット完結型。

外注化は難しくありません。

梱包発送はアナログの手作業になりますが、それは外注してしまえばいいのです。

ヤフオクやメルカリで仕入れた商品を外注先にバンバン送り、自分では梱包発送を一切行わないせどり実践者はけっこういます。

ランサーズなどで梱包発送代行をしてくれる方を探してみるといいかもしれませんね!

月に100万以上利益を出せるようになれば、リサーチも外注化してもいいかもです。

電脳せどり(ネットせどり) やり方まとめ

というわけで、電脳せどりが稼げる理由について実践しながらお話してきました。

稼げる実感が湧いたのであれば嬉しいです!

質問があればコメントか、お問い合わせを頂ければと思います。

追伸:

はじめまして、管理人のJUNです。

インターネットを使ったビジネスの経験を通して、「人生の選択肢を増やして幸せになる」お手伝いをするべくサイトを運営しています!

→ 管理人のプロフィールはこちら

メルマガもやっているので興味があれば登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください